BORUTO-ボルト- 第63話「サスケの切り札」海外の反応


あらすじ
異界から現れた大筒木一族から人々を守ろうと、全力で戦ったナルトの姿が消えた。人々を想う父の強い心と自分の無力さを実感したボルトは、大筒木一族が立ち去ったあとの里で仲間たちが、年上の忍者とともに破壊された会場の復旧やケガ人の救護を手伝う姿を目にし、父が言った「忍者失格だ」という言葉の意味を身にしみて感じる。 そんなボルトに師匠のサスケがかけた言葉とは? そしてサスケは“忍”として少しだけ成長したボルトに、ある“任務”を言い渡す。


1:海外のおれら
 このエピソードはサスケだからこその、凄いキャラクターの養成であると信じてる。影の火影としてそしてボルトの先生としての両方で。

>>
2:海外のおれら
同意。だが影の火影?それは彼を火影の影にするってことか!

 >>
  3:海外のおれら
  それはまさにSasaukage (支う影)。サポートしている影は常に火影のために見守っている。
  
  >>
    4:海外のおれら
   うわ・・・これをサポートしろ!

   >>
     3:海外のおれら
      LOL(笑)えーと、人々はうちは支う影、と呼ぶのに常に慣れてるという意味で言ってるXD(爆笑)それは適合してる。


5:海外のおれら
サスケがサラダに、里で写輪眼持ってるのサラダだけって言ったのにびっくりしたんだけど!それってカカシは写輪眼ないってことだよね 💔💔💔 がっかりです。

 >>
  6:海外のおれら
これは疾風伝でオビトとマダラと戦ってる間の筋構想の大きな部分です。大戦で失った彼の左目は今、生物学的彼自身の目です。
 
  >>
    7:海外のおれら
   カカシはもはや写輪眼持ってないのか?

   >>
     6:海外のおれら
      ないよ。

    >>
       7:海外のおれら
        これは思い出さないといけないと思うんだけど、なぜ彼は持っていたのがないの?

     >>
        6:海外のおれら
      後でオビトの輪廻眼を回復するための途中に、マダラは彼の左目を奪った。ナルトは六道の力を手に入れた後、ナルトが手をかざしカカシの目を再生させた。

      >>
          7:海外のおれら
           それだ。今思い出した、サンクス。それは彼がスサノオを使った時で合ってるかな?

>>
           8:海外のおれら
        うん、そうだよー。

9:海外のおれら
このエピソードのほとんどでサスケに泣かされた。彼がもっと成熟したのを愛してる!

 >>
  10:海外のおれら
  私も。ほんとに嫌だった部分は尾獣モードの中で変化してるナルトのフラッシュバックを、スタッフが数回再利用し続けたこと。
                  引用元:reddit
 

[リンク]


           


0 件のコメント:

コメントを投稿